HOME地区社会福祉協議会のご紹介>大平地区社会福祉協議会

大平地区社会福祉協議会

 

地区の概要

 
設立年月日 平成元年8月20日  
自 治 会 数 11自治会 人    口 4,184人 高齢者数   1,324人
組    数 99組 世 帯 数 1,606世帯  高齢化率  31.6%
                                                  ※平成24年4月現在      
 

地区社協のあゆみ

 
 大平地区社会福祉協議会は沼津市の中で2番目に誕生しました。初めは手探りの状態で先進地の視察を中心に行ってきましたが、なかなか組織というものができませんでしたが、多くの諸先輩の努力で現在の形ができました。
 これまでに講演会を中心に行ってきた高齢者の会合の内容、会合名なども変わったり、「ボケ」が認知症、介護保険、個人情報保護法など法律的にもずいぶん様変わりをしてきました。
 大平地区では確実にますます進んでいく少子高齢化に対応するため、社協活動は現状プログラムの組織で活動し、次のステップを解決していく時には連合自治会・コミュニティ推進委員会・安全会議・健やか会との協同作業によって乗り切る体制作り、また包括支援センターや介護施設との連携も必要となります。大平区民が安心して住んで良かったと実感できる地域を目指します。
 

活動概要

 
 ≪重点目標≫
 
   「見守りネットワークを重点的に進める」
 
 ≪活動状況≫
 
  ●研修会
    担当福祉委員、企画委員理事会などレベルアップのための研修会を行っている。
 
 
   ●ぴよぴよ・エンゼルサロン
    乳幼児と親が集まって遊んだり、育児情報を交換する子育て支援。
 
  ●見守りを兼ねた大平安心くんの配布
    高齢者一人暮らし世帯・災害時に援護を必要とする人たちの見守り支援。
                 
  ●敬老会の開催
    自治会の開催依頼により、社協で敬老者への呼びかけ、式典の計画から実施までを行っている。
  
  ●はつらつ大平・いきいきサロン
    高齢者の健康長寿の一助や仲間と集う楽しみのはつらつ支援。
    各自治会で計画した催しを「町の識者」に社協が依頼し、開催した場合は社協より補助金を出し演奏者へのお礼
    や皆さんとの懇親会に使用してもらっている。催しはマジック、大正琴、三味線アコーディオンの演奏などでよ
    り身近なところで楽しんでもらう小地域活動。 
 
  ●シルバー男性の料理教室 
    奥様まかせだった料理を少しでもできるよう開催しており、楽しく賑やかに料理を作っている。
    クリスマスには高齢者の会合にケーキをつくり皆さまから大変喜ばれた。     
  
  ●広報活動  
    5、8、11、2月に「社協だより」で実施した催しの感想や次の予定などを掲示し、各戸配布で社協のPRに活用し
    ている。 
   
前のページへ
ページTOPへ
Copyright(c) 社会福祉法人 沼津市社会福祉協議会 All rights reserved.