HOME地区社会福祉協議会のご紹介>大岡地区社会福祉協議会

大岡地区社会福祉協議会

 

地区の概要

 
設立年月日 平成元年5月28日  
自 治 会 数 16自治会 人    口 20,203人  高 齢 者 数  4,327人
組    数 581組 世 帯 数 8,767世帯  高 齢 化 率  21.4%
                                                     ※平成25年4月現在      
 

地区社協のあゆみ

 
 昭和59年、沼津市社協から大岡地区を「福祉推進モデル地区」に指定されました。その時に一人暮らし高齢者の集い「大岡ことぶきサロンを開設しました。その後、各地区に「ことぶきサロン」開設の働きかけを行いました。
 平成元年5月28日、大岡地区において地域福祉推進委員会のモデル地区事業の成果を元に地区社協を設立し、平成20年度には、設立20周年記念事業を行い、現在に至っています。
 この20年の間には介護保険法の設立、社会福祉法の改正など、社会福祉・地域福祉を取り巻く環境は大きく変わり、地域社会での福祉の取り組みが重要視されてきています。今後大岡に居住する市民が相互に協力して、地区社会の福祉向上に努めていくことを目指しています。
 

活動概要

 
  ●企画委員会
    年間12回開催
    毎月の開催で地区社協の事業活動について検討をしています。
 
 
   ●ことぶきサロン
    年間10回開催
    一人暮らし老人等のサロンを5月から3月までの間で地区センターを中心に開催しています。
 
  ●社協たより
    年間2階発行(8,500部)
    社協の活動を地区住民にお知らせするために発行しています。 
  
  ●いきいきサロン 
    年間8自治会62回開催
    各自治会で高齢者のサロンを行っています。 
  
  ●ふれあいもちつき大会
    年1回開催
    地域内の小中学生とともに大岡地区センターで行っています。
  
  ●車イス体験 
    年1回開催
    中学校、地域包括支援センター等と車イス体験を通じて福祉の理解を図っています。 
  
  ●健康講演会 
    年2回開催
    地元の医療機関と協働して講演会を開催しています。 
 
 
前のページへ
ページTOPへ
Copyright(c) 社会福祉法人 沼津市社会福祉協議会 All rights reserved.