HOME>福祉資金貸付事業

福祉資金貸付事業

 

くらしの資金貸付

 
低所得世帯等に対し、緊急かつ一時的に必要な援助を行い、世帯の自立更生と生活の安定と福祉の増進を図ることを目的に暮らしの資金貸付けを行っています。
 

高額療養費支払資金貸付

 
高額療養費の支払いに困窮する国民健康保険の被保険者に対し、その経済的自立を助長し、もってその世帯の生活安定を図ることを目的に、無利子での資金貸付けを行い、低所得者の福祉向上に努めています。
 

生活福祉資金貸付

 
低所得世帯や障害のある方のいる世帯又は高齢者世帯へ、必要な資金をお貸しすると共に相談支援を行うことで、経済的な自立を促進し、安定した生活を送れるようにするために設けられたものです。

 ●資金の種類
  ・総合支援資金(生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費)
  ・福祉資金(福祉費・緊急小口資金)
  ・教育支援資金(教育支援費・就学支度費)
  ・不動産担保型生活資金(不動産担保生活資金・要保護世帯向け不動産担保生活資金)
  ・臨時特例つなぎ資金
   ・生活復興支援資金

 ●貸付対象
  ・低所得世帯(概ね市町村民税非課税世帯程度)
  ・障害者世帯(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の属する世帯)
  ・高齢者世帯(65歳以上の高齢者のいる世帯)
資金名 低所得世帯 障害者世帯 高齢者世帯
総合支援資金 生活支援費
住宅入居費
一時生活再建費
福祉資金 福祉費
緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費
就学支度費
不動産型担保型
生活資金
不動産担保生活資金
要保護世帯向け
不動産担保生活資金

(要保護世帯)
 
 
 ●貸付対象とならない人
  ・他法、他制度(日本学生支援機構、母子寡婦福祉資金、その他公的資金の借入等)の利用ができる人の属する
   世帯
  ・すでに生活福祉資金等を借り入れて、滞納している人の属する世帯及び連帯保証人

 ●貸付利子
  資金種類により異なります。(詳しくは各資金の種類をご覧下さい)

 ●延滞利子
  最終償還期限を過ぎた場合は、残元金に対して年10.75%の延滞利子が加算されます。

 ●償還期間
  資金種類により異なります。(詳しくは各資金の種類をご覧下さい)

 ●貸付決定について
  貸付は県社会福祉協議会が審査を行います。
  審査結果によっては資金の貸付ができない場合があります。
 
前のページへ
ページTOPへ
Copyright(c) 社会福祉法人 沼津市社会福祉協議会 All rights reserved.